« 最後の日 | トップページ | 何もないのです »

2024年6月24日 (月)

無職

無職であります。

職が無い。

街でインタビュアーにマイクを向けられて「あなたのご職業は?」と

問われたら「あぁ、今、無職です。」と、答えねばならない。

ちょいと淋しいような、自由を感じるような複雑な気分。

まぁでも、言うのは自由なんだから、今していることを職業にしようと思う。

例えば、「僕の職業は”吉田拓郎ファン”です」

吉田拓郎のファンであるという事を、職業にする。趣味ではない。

主義主張でもない。”吉田拓郎のファン”であることを生業としている。

だいたい、無職なんてものは基本自由業でいいじゃないか。自由業でさ。

拓郎さんだって、何にもしてない時は、無職と一緒だろ。

ツアーやったりテレビに出たり、曲を作ったり録音したりしているから

”僕は歌手です”なんて言えるわけでさ、そいつから離れてるときは、無職なわけさ。

印税で食ってるか、年金で食ってるかのわずかな違いだ。

履歴書に堂々と書き込みたい気分だ。昭和**年**月吉田拓郎ファン始める・・とね。

面接官が僕に問う。「この職歴のですね、”吉田拓郎ファンというのは何ですか?」

「そのままです。吉田拓郎のファンを始めたという事です。」

「あの、これは趣味欄に書くべきことでは?」

「何を言ってるんですか!吉田拓郎ファンというのは僕にしたら”ライフワーク”です。」

「わかりますか?”ワーク”と付くからには、職歴なんですよ。!!!」

 

まぁ、静かに「お帰りください」と言われるのは、目に見えるけどね。

 

無職と言うのもあと2週間。そのあとは、「パート」さんとか言われるんだろうな。

無職と呼ばれる時間を楽しみたい。

 

 

« 最後の日 | トップページ | 何もないのです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の日 | トップページ | 何もないのです »