« 泉谷のギタースタイル | トップページ | みゆきさんは変わらない。 »

2024年5月13日 (月)

カーネーション

一日遅れで母の日の話題。

母の日と言えば、カーネーション。で、この日はついつい思い出す。

陽水さんの”白いカーネーション”

アルペジオパターンが簡単だったので、昔よく真似した。

昭和何年だったかは忘れちゃったけど、九州のRKB毎日放送?だったかな。

福岡での陽水さんのライブを中波で中継したことがあった。当然、関東の

我が家ではきれいに受信できるはずはない。だけど、ステレオのチューナーに

テレビアンテナ線を接続したら、かすかに受信出来て録音したのだ。

招待状のないショーのあたりの頃だったな。で、後日関東でも系列局から

そのライブのドキュメンタリーっぽいものが放送された。

覚えているのは、楽屋に小さな女の子が現れて、アナウンサーが陽水さんに

誰だかわかりますか?と問うていた。当然陽水さんは、わからない。

そこで種明かし。なんでも、女の子が赤ちゃんの時に、病気か何かで輸血が

必要になった。しかし、適合する血液が足りない。そこで、駆り出された陽水さん。

なんと適合した。無事その女の子は、助かったというわけだ。

その過去を紹介されて、へーと感慨深げな陽水さんの声。ラジオだから顔はわからない。

そこで、その女の子の為に弾き語りで”白いカーネーション”を歌ったってのを覚えてる。

ちょこちょこと星勝さんの声が入ってて、あのテープ捨てちゃったのかな?

まぁ、そんな記憶がある”白いカーネーション“

たぶん僕くらいの年代になると、やっぱり白いカーネーションなんだよね。

そこで一つ言いたい。

まだ、ピンクのカーネーションを母親に贈ろうとしてる諸兄よ。

今年はしょうがないけれど、来年からは気を付けてくれ。

間違っても鉢植えのカーネーションなど送るな。我らの母上殿が存命ならば

おそらく、母親と言うより婆様だよね。それももしかしたら、床に伏してる時間が

長いとかね。そんな母親に、切り花のカーネーションならまだしも、鉢植えは送るな。

もらった方が後の世話に困る。

いや、うちの姉貴がね、母親がまだ家で介護をしてる時に、鉢植えのカーネーションを持ってきてさ。

お母さん、花好きだからぁとか言いながら。当然母親は、見るだけ。あまり感情も湧かない。

僕がそのあと、枯れないように水やりをしていた。

翌年、また同じことをするんでさすがに言った。「考えて持って来いよ、これ誰が世話する?」

母の日のプレゼント。結局母親が一番喜ぶのは、現金です。間違いない。

 

と言ったところで、皆さん母の日は通り過ぎたけれど、母の日にふさわしい歌を

これからは、この日に流行らせましょう。

それはもちろん「ah-面白かった」

 

« 泉谷のギタースタイル | トップページ | みゆきさんは変わらない。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉谷のギタースタイル | トップページ | みゆきさんは変わらない。 »