« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月 5日 (金)

必要性について

誕生日はさておきだ。

ベストアルバムは、本当に必要か?そこを問いたい、拓郎さん。

何のためにベストを集めるのか、選ぶのか?

他薦自薦のベストアルバム。今度で何枚目だ?

僕は「LIFE」があれば、いらないんじゃないかとも思う。

リマスターかなんか知らんが、アナログ時代の楽曲はアナログで聞くからよい。

昔のフィルムをデジタル化して、4Kテレビで見たところでどうってことない。

これはまじめな(いつも真面目だけれど)話、吉田拓郎にベストアルバムなんて

似合わないのだ。例えば300曲。その300曲すべてが、吉田拓郎であり僕に

とってのベストなのだ。何かが欠けてもいけない。

”祭りのあと”があって、その対極に”馬”がある。

”結婚しようよ“の反対側に"おきざりにした悲しみは”が位置する。

東に”アジアの片隅で”があれば、西には”冷たい雨が降ってる”がある。

様々な面があっての吉田拓郎であって、あえて言えばすべてがベストアルバム入りなのだ。

そう思うよ。

まぁ、いろいろ大人(老人?)の事情もあるんだろうとは推測するのだけれどね。

今から提案しても遅いんだろうけどさ。

実は以前買ったレコードプレーヤー。稼働率が悪すぎる。

このベストアルバムが、アナログレコードとしてリリースしていただけるなら

そりゃぁ、もう絶賛するんだけどな。

じっさい、ブックレットとその解説書?だけあればいいんで、そういう人向けに

CDが付属しないのって売ってくれないものかな?

だめ?

仕方ないので、とあるサイトで告知ポスター付きのを予約したよ。

我が家の廊下が、拓郎のポスターで埋め尽くされる日も近い。

 

 

2024年4月 3日 (水)

とあるフェイクニュース

夕刻、山陰の友より久方ぶりにLINEが届く。

”本当かな?”とちょっと興奮気味の問いかけに、”何の話?”と

冷静に答える。

何でも、Youtubeに「拓郎復活」って動画がアップされてて、ベストアルバムとは別に

まったく新しいアルバムが出るという内容だそうだ。

なんだそれ?いかにも・・というより明らかにフェイク。

うp主はエイプリルフールネタを狙ったと思われる。しかし、うp主はやりすぎた。

事細かにさもありなんと、真実味を持たせすぎて、洒落としては通用しない。

エイプリルフールネタは、拓郎ファンならすぐにわかる「拓郎がそんなことするハズがない」と

わかるネタでなければね。

そしてすぐに、ひっこめる。そういうしゃれっ気がなければやっちゃいかんよ。

ただ、このうp主、誠意は見せている。A面B面と言うフレーズを使っている。

そんなわけないじゃん。わかるでしょってところか。

 

フェイクニュースと特殊詐欺には気を付けよう。

見出し人間的にエイプリルネタを考えたら・・・・

堂本剛・百田夏菜子の仲人は吉田拓郎!

仲人特権で、初夜を邪魔してやる!とか

吉田拓郎、テイラー・スイフトと共演か!?

おそろいのラメの衣装で、旅の宿を熱唱!とか。

あぁ、僕に考えさせるととめどなくくだらない方向に行くので・・

 

ベストアルバムに浮かれることなく、地道にファン道を行こうよ。

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »