« こだわることにしました。 | トップページ | 恋の歌 »

2024年3月 2日 (土)

日々を憂う

たまに、そう、年に何回か「人生を語らず」や「祭りのあと」を聞きたくなり

部屋に流す。それもファーストテイクのやつをね。ライブのや、アレンジしたものじゃない。

素のやつをね。錆びつきそうな心に、あの頃の潤滑油を注油するというやつかな。

ごくたまに「花嫁になる君に」をうっかり流す。心の底に沈めていた思い出が浮かんで、

だけど、その思い出が細い針のように、チクリと心を刺して快い痛みに、苦笑いをする。

そして流れていく大部分の毎日は、これからの先の日々を憂うことに費やされるのだ。

 

いつも、”何かいいことはないかな?”と思う。”何か素敵な出来事が起きないかな”とも思う。

その”何か”と言うのが、わかりかけてきた気がする。

寒い夜に、暖房の効いた部屋で眠りにつく。あったかい布団に包まれてね。

そして、目覚ましで薄暗いうちに起こされて、一人ぶつぶつ言いながら、ベッドを抜け出し

仕事に向かう。あぁ、これってもしかしたら、”いい事”で”素敵な事”なのかもと。

生きてるんだもんな。これ以上いい事ってないよな。

人生に引退はない。引退しない人生・・そいつが”イイコト”なのかもしれないなぁと。

日々を憂うのは、やめにした。

 

 

 

 

 

 

« こだわることにしました。 | トップページ | 恋の歌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こだわることにしました。 | トップページ | 恋の歌 »