« ラグビーファン | トップページ | あなたを送る日 »

2023年10月16日 (月)

長風呂

ようやく狭窄症も落ち着いて、歩く速度も以前のようになってきた。

足の指の骨折も何となく腫れが引いてきたみたいで、もう少しの我慢。

どうやら長かった夏も、ようやく終わって本格的な秋が来た。

今年は、来ないんじゃないかと思ってたけど、やっぱり来たね。

こうなると、さすがにシャワーだけで済ませて、寝ちゃうと言うわけにはいかない。

さすがに風邪ひきそうになる。

41℃のお湯に入浴剤を入れた浴槽に肩まで浸かって、拓郎を聞く。

そうそう、これがやりたくてスピーカー付きのユニットバスにしたんだよ。

今宵は、”午前中に・・・”を聞く。ガンバラナイか・・そうか、そういう選択肢もある。

いやね、まぁいろいろ考えることもありますよ。まぁだ、頑張れるけれど

そういうことは、果たして正解なのだろうか?自営業ではないのだから、終わりは

自分で決めることもできるけれど、向こうから、そろそろ・・という事もできる。

老いと言うのではなくて、衰えという事を実感することが多い。

例えば骨折にしても、若い頃なら骨も丈夫で、折れなかったかもしれない。

一番感じているのは、ゲームだね。プレステ5を導入して、夜な夜なゲームにちょっとのめりこむ。

アクション系の操作が、ちょっと前なら簡単にクリアできたものが、もたつく。

あぁあと思う。そんな些細なことで、なんとなく感じることが多い。

綱引きの向こう側に、頑張る自分がいてこちら側にガンバラナイ自分がいるようだ。

 

雨の中を歩けば 気が付くことがある

 

十数年前の拓郎が、軽やかに歌う。十数年前の拓郎は、今の僕だ。

あの頃、気が付かなかったことがある。でも時を経て気が付くことがある。

確実に拓郎の足跡をトレースしている。この前はそれがとても嫌な気分だった。

だけどね、拓郎の足跡って誰もがたどる道なんだね。それを拓郎は歌ってきただけなんだなぁと思う。

拓郎のエピソードは辿ることはできない。だけどそれに並行する生き方は辿ることができる。

それが、とても嫌な気分になったこともあるけれど、目をつぶって湯船に浸かり

ガンバラないけどいいでしょう、と聞いていると、それもいいかと思う。

長湯をしすぎて、あなたを送る日になった。

 

あの頃わからなかったことも今は胸にしみる

いや、本当にしみるよ。

拓郎さんが表舞台から降りて、もうすぐに一年がたつ。

なんか、このまま世間から吉田拓郎と言うワードが消えて行っても

別に腹が立たない気がする。このまま話題に上らない方が、いい気もする。

だってさ・・・

 

 

谷村新司氏の訃報が、ニュースとして飛び込んでくる。

拓郎ファンの立ち位置としては、ハンドインハンドなんてくそくらえと

嘯いてはいた。そんな日々も懐かしい。

合掌

 

 

 

 

« ラグビーファン | トップページ | あなたを送る日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラグビーファン | トップページ | あなたを送る日 »