« 青春の詩 | トップページ | 夜中にライブ盤を聞くと。 »

2020年4月30日 (木)

人間なんて元気で伽草子

注)ここ数日の記事は、アルバム解説ではないです。

僕が聞き直して、そう思ったと言う事だけです。

お間違え無く。

さて、人間なんて。

朝から聞く人間なんて。その中で・・

指が触れたら ポツンと落ちてしまった・・・

と、これだけでやられた感満載。

岡本・拓郎コンビの初作品ってことだけど、間違ってないよな。

申し訳ないけど、僕はこの「人間なんて」の中で、他にはあまり惹かれない。

そもそも、人間なんて世代は、先輩たちで僕は人間なんてで、そう血はわかない。

もう一回最初から聞いたんだけど、同じだなぁ。

「人間なんて」で、拓郎は一気に伝説と人気を手にしたんだろうけれど

本人は、そんなに思い入れがあるんだろうかという気がする。

手段として「人間なんてと、さけんでよー」と歌ってはみても

結局、雄叫びは好きじゃなかったと思うよ。今を見てるとね。

一枚聞いてみて、やはり「花嫁になる君に」は、別物感満載。

スリーフィンガーに魅せられたギター小僧もいっぱいいたんじゃない?

それにね、これも誰もカバーできない曲だよね。

そんなわけで、「花嫁になる君に」をノミネート。

ちなみに、我が家の生け垣は、ツバキではなくサザンカです。

 

昼食を食べて聞いたのは「元気です」

おそらく、僕の中では再生回数が一番多いアルバムなんじゃないでしょうか?

全作品の中で、一枚選べと言われたら、これしかないぞ、僕は。

無人島に持って行く中に入れたい。もちろんスマホに収録してだけど。

当たり前だろ、レコードなんか持って行くわけがない。

しかし、本当は持って行きたい。全作品の中でこのジャケットが一番好きだ。

それと、ライナーノーツ。吉田拓郎が僕の隣に降臨したアルバムだ。

だってさ、いきなり「あぁあれは はるだったんだね」だよ。

花火の一つや二つあげるよって気分になって、何が残念なんだよ

僕はジーンズよりスカートが好きだよだし、(途中略)

ゆれってる~う~よ~なんだぜ。

頭の中の不揮発メモリに書き込まれてる気がする。

理屈じゃなくて、体中がこのアルバムを栄養にしてるよ。

だって、「元気です」だもん。ユンケルより「元気です」だ。

しかし、岡本おさみさんの詞には拓郎が合うよ、やっぱり。

いろんな人が曲を付けてるけど、やっぱり拓郎さんが一番しっくりくる。

このアルバムを聞いてなかったら、今頃僕は何やってるんだろうなぁ?

このアルバムから選ぶとすると、また会おうなんだな。

 

バスルームで聞く伽草子は、なぜか新鮮。

「青春の詩」からどんだけ進化したんだよって感じですな。

広島から出てきた兄ちゃんが、まさに水を得た魚のごとく

音楽界を泳ぎ始めた。

蒼い夏が好きだ。あの頃の盂蘭盆前後の風景が見える。

暑いけれど、近頃の夏とは違い、優しい暑さだった。

日陰に入れば、風は汗を乾かしてくれた。

まだ、小さな子供たちは素っ裸でうろちょろしてたんだろう。

夏ミカンか。今は、ちょうど今頃売ってるんだけどこの歌の時は

まさに夏が旬だったのかな?

亡きおふくろは夏ミカンが大好き。亡きオヤジは夏ミカンや八朔が大嫌い。

夏ミカンの硬い皮に、フォークを突き刺し、力任せにおふくろは剥いてたっけ。

その時に、皮から汁が四方八方飛び散る。

マジにおやじは怒り狂ってたっけ。おかしな夫婦だ。

おやじの前で食べなきゃいいのに。あれは、面白がって食べてたんだな。

きっとおふくろは、夏ミカン剥きながら、早く一軒家が欲しいわ なんて

つぶやいていたのかもしれない。

そんな思い出もあって、ここは蒼い夏、それに夕立も選んでおこう。

クリームソーダなんて、何年も飲んでないしね。

 

さて、これから、ライブ盤を立て続けに聞いちゃうよ。

また明日。

 

 

 

 

« 青春の詩 | トップページ | 夜中にライブ盤を聞くと。 »

吉田拓郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春の詩 | トップページ | 夜中にライブ盤を聞くと。 »