« (仮)フォーラムか。 | トップページ | サクラの季節は終わりました。 »

2019年6月 5日 (水)

あれから10年

10年前と、全く同じ状況なのです。

2009年、すべての抽選に漏れた僕を、神は救ってくれました。

そうそう、練馬の神様と鎌倉の神様です。あの時、両神様のおかげで

僕と、A君は救われました。あれからA君は10年間、神奈川に足を向けて

寝たことはないとうそぶき、僕は・・・僕は適当に寝てます。

春だったね君の墓参りに行ったとき、泊まった和歌山のホテルのベッドはキングサイズで

縦横が同じようなサイズでした。確かに縦方向に寝たはずなのに、朝、見事に横向きで

寝てました。

とにかく、なんとか名古屋で拓郎さんの御尊顔を拝したわけです。

 

あの時は、職場で名古屋行を吹聴しまくりました。だって、嬉しかったんだもんね。

まるで昨日のことのようです。

今日、たまたま、いつかのMちゃんとすれ違う場面があって、思わず名古屋行くんだぜ!

と話しかけそうになって、あれ?デジャブ? と思いなおし、Mちゃんを見てしまいました。

そうです、10年前、さんざ、Mちゃんにも名古屋行を自慢してたのです。

あれから10年。

Mちゃんは、一度会社を辞めました。詳しい話は知らない。その時は、僕らの直接の担当から離れていたし

会う機会もそれほどなかったしね。やめるんだってと、人づてに聞いて、ふーんと思った程度だったのです。

あぁ、もう彼女とは、一生会うこともないし、話すこともない。たぶん、偶然でも会うこともないし

話すこともない。僕のメモリから消去されました。

消去されないままに、いつまでも記憶の中に住み着いている人(男女問わずネ)と、消去してしまう人がいるのです。

一度消去してしまうと、まぁ、どうでもいい人物になるという・・

それから数年、おととしの秋、どこかで見た気がする人物が会社の中にいる。

あっ、僕らはそこの会社の、ある部門を専門に請け負ってる会社で、Mちゃん他はお客さんであります。

Mちゃんでした。ちゃん付けするにはちょっと董がたってますけどね。

会社を辞めてから、職業をいくつか替えたらしいけど、詳しくは知らない。

ちょっと、顔つきが変わった気がする。仕事を替えてみたものの、しっくりこなかったらしい。

結局、拓郎さんの偉大なる循環コードみたく、また舞い戻ってきたということらしい。

そして、また、僕らの仕事と直結してる部署にだ。

だけど、以前のようにからかったり話をしたりはない。というか、一度消去した人物なので対処に困る。

だから、一年半以上、大した会話はかわしてない。

 

そして、今日、ちょっとニアミスで、ふと思ったのだ。

あれ?10年前もMちゃんはここにいて、僕は名古屋行にテンションが高くなって

はしゃいでたよな、と。今日の彼女は、10年前よりおばさんに近づいたけど顔つきが元に戻っていた。

「また、名古屋行くんだぜ」と、言おうかなとも思ったが、こいつ、10年たってもなんも変わらんおやじだなと

思われるのも癪なので、無言を貫きました。

 

 

10年なんてあっと言う間です。

あっと言う間だから、何にも変わらなくていいんです。

変わらなくてもいいのに、でも変わってしまいます。

10年前、まだ結構拓郎さんは元気でした。僕も元気でした。

これからの10年、僕と、それから拓郎さんを考えると・・・・

いや、もう何も考えまい。

 

 

 

« (仮)フォーラムか。 | トップページ | サクラの季節は終わりました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

吉田拓郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (仮)フォーラムか。 | トップページ | サクラの季節は終わりました。 »