« ライブ盤への期待 | トップページ | 梅雨と拓郎さんとひつまぶし »

2019年6月14日 (金)

椅子

最初に注)皆さんいろいろ思うところあるでしょうが

たかがブログです。こういう考えもあるのかな?と

読み流してくださいな。

*****************

 

故 岡本おさみ氏の「椅子」という曲を聞きなおした。

レコードをデジタル化しておいたものだが、今はYoutubeなどにもアップロードされてるようだ。

長谷川きよし氏が曲を付けて、オリジナルを歌ってらっしゃる。

検索したら、この曲を名曲とされてる方が何人も出てきてうれしい限り。

なぜ、聞き直したかというと・・・・・

 

椅子ってのは腰かけて、ほっとするもの。大昔、椅子を最初に考えた人はきっと

よちよち歩きを始めた自分を、しっかりホールドしてくれた父母、もしかしたら祖父母に

原型を求めたかもしれない。

色々な椅子があるけれど、基本、椅子は体を休めるものだと思うのです。

椅子は、落ち着くもの。立ち食いソバより、ちゃんと椅子に座って食べた方がそばも旨い。

映画館では、座ってみるのが基本。ゆったりと座って、今度の冬はスターウォーズの最終作を

見たいなと思います。

 

なんでも立てばいいってもんでもない。そう思う。せっかく椅子があるのに。

立って拓郎を盛り上げよう、とか、踊って盛り上げようとか‥

まぁ、それもある。というか、あった。

でも、逆なんだよな。

僕らはボランティアではないんだから、なんでそういう風に拓郎さんに必要以上に気遣いする?

吉田拓郎をリスペクトする。

リスペクトするけれど、煽てはしない。

昔から思っていることなのだが。

ステージを見たい。拓郎さんがどんな感じで歌っているのか見たい。

いやぁ、そうでもないんだけど、前の方が立っちゃって見えないので立つかぁと

そういう人もいっぱいいるよなぁ。

そのくせ、電車とかは座りたがる。「来てみた」みたいに。

電車が接続駅で止まる。座ってた人が立ち上げると、狙いを定めて

そこにすばやく移動する。そして、もう目的までたつことはない。

同じ運賃で、座っていく人と立ちんぼで行く人。それなら、座る方を選びたい。

まぁ、電車の例で恐縮です。脱線しました。いや電車は脱線しちゃ絶対だめだけどね。

 

ほかの歌手と比べても、チケット代は結構お高い。

全国からくるので、その旅費とかもかかる。

グッズ代もばかにならんだろう。

コンサート会場周辺のコンビニやら飲食店にも、お金を落とす。

そのうえ、こちらから盛り上げてやろうというのは、ん?

若いころならいざ知らず、今はみんないい歳だ。

支出した額に見合った思い出と感動と余韻というサービスを受け取るべきで

拓郎さんは、それを提供する義務を負っている。

以前、フォーラムだったかな?お隣のご婦人と話をしたときに、おっしゃられたのが

拓郎の家のトイレットペーパーだって、元はと言えば私のお金・・だった。

まぁ、確かにそう言えなくはないので、苦笑したけどね。

今、その気持ちが何となくわかる。

それだけのサービスを提供する自信があるから、今回もツアーを実行してるんだろう。

自信がなければ、やってはいけないと思う。

こちら側から、盛り上げようではないのだ。

対価に見合ったパフォーマンスで、こちらを盛り上げるのが筋だと思う。

それは、年齢とか体調とか、そういうことと別の話。

アマチュアではない。吉田拓郎は真のプロのはずである。

長いお辞儀などいらない。

どうだ、まいったかというパフォーマンスである。

鳥山の見事すぎるテクにはごまかされない。

コーラス部隊を見たいわけでもないのだ。

ましてや、おー、FNN歌謡祭でピアノ弾いてた人だよー

なんて武部師匠の指なんぞにウットリするものでもない。

 

拓郎さん、あんたの歌だよ。
僕らの満足は。

 

僕は、フットワークは軽いけれど、腰は重いよ。

だって、腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア持ちだもん。

長く座ってるのと立ってるのは、苦手だ。

だから、適当に立たせて適当に座らせる構成にしてよ。

頼むぜ。

 

« ライブ盤への期待 | トップページ | 梅雨と拓郎さんとひつまぶし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

吉田拓郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブ盤への期待 | トップページ | 梅雨と拓郎さんとひつまぶし »