フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

2020年5月29日 (金)

御免

さすがにネタがないよと思い、今日は更新なしと決めたのだが

どうもカレンダーに下線がなくなるのが惜しい。

それに、楽しみほどではないにしろ、気になって覗きに来た君の

「ちっ」っていう舌打ちが聴こえそうだったので、ひねり出そうと

悪戦苦闘。なんもないときはない。

いやね、あの話はしたっけな?とか、あれってまだ公開したことないよなとか

あることはあるんですよ。

東京ドームコンサートの時の駐車場で、ムッシュと並んで立ち***した話とか。

国際青年年の時のトイレで、後ろに女の子がずらっと並んで、・・・とか。

昔ダフ屋にチケットを売ったら、そのチケットを入手して隣に座ったやつが

とんでもない奴だった話とか・・

まぁ、でもそんな話を書いても、面白いとは思えないしなぁ。

君を喜ばそうと、努力してるってことは認めてもらうってことでさ。

今日のところはお引き取り願いたのだが。

 

そうか、今日の一曲。井上陽水「御免」なんてどうでしょうか。

何にもないけど、また来てくださいね。

そうですかあなた 拓郎が好きですかぁ

御免

 

 

 

2020年5月28日 (木)

今日は、カーブかシュートか。

先日、眼鏡市場で新調したメガネ。愛用してます。

ところが、どうも度を強くしすぎたらしく、良く見えるんだけど

なんか世の中歪んで見える。心がねじ曲がってるせいじゃない。

メガネのせい。そして、しっかりフレームが主張してるタイプ。

控えめな僕としては、どうもしっくりこない。人はそれほど気にしてないよね。

自分だけが気にしてるのだ。だって、誰もメガネを変えたのに気付いてくれない。

いや、気が付いてはいるけれど、問題視していない。それは、眼鏡というアイテムが

それほどの物でもないのか、僕自身がそれほど相手にされてないのか?

そこらあたりのことを知りたくて、今日若い連中に聞いてみた。

気が付いてはいたけれど、前の方がよかった(似合ってた)ので・・・・

やっぱりな。自分の自分に対しての評価は、だいたいいつも正しい。

僕もそう思ってた。なんか、前のフレームが目立たない方がしっくりしてた。

そして、見え方も前の方がゆがみが少なく、僕のピュアなハートにしっくり来てた。

まぁ、何事も「度を越しちゃいけない」ってことですな。

 

ファンはファンとして、節度を持って応援しなくちゃね。

拓郎さんだって、拓郎さんなりにファンを思って、やってくれてんだ。

色々考えてんだよ、拓郎さんだって。ああ見えてさ。きっとね。たぶんね。

あのね、思うんですよ、ホント。メガネの話しじゃないけれど。

こう、ツアー組んでもう何十年も来たわけでね、そして、メンバーも固定されてた時期もあり

またころころ変わった時期もあり、色々だったよね。

愛奴のころは別にしてさ、正直しっくり来てねぇよなって思ったことはないですか?

前のメンバーの方が、なんか似合ってたよなってさ。

こっちが思ってたんだから、本人もそう思ったことってないのかな?

フレームレスのメガネのように、自分は目立たず、主役を引き立てる。

フレームしっかりタイプ、眼鏡が主張するように、拓郎さんより目立っちゃう。

前回のツアーメンバーの方がよかったなあと、歌いながら思うことはなかったのだろうか?

多分、周囲は思ってても、言わないよね。だけど、自分の思ってることは、だいたい正しい。

逆もまた真なりで言えば、僕らがそう思ってることは、拓郎さんもそう思ってるはず。

ここだけの話だが、僕は「等身大」のころのあのメンバーは、絶対しっくり来てなかったなと思ってんだ。

 

しかしさ、スタジオミュージシャンにしろ、ツアーメンバーにしろね

「俺さぁ、吉田拓郎と一緒に仕事してたんだよぉ」っていうと、

業界内で、「ハク」が付いたりするんだろうか?

「えー、あの吉田拓郎さんと仕事したの?すごいなぁー」

そういう雰囲気になるんだろうか?

 

「俺さぁ、吉田拓郎の大ファンでさぁ、ブログ書いてんだよー」

「へーすごいなー!!」と、言われたことなんか一度もないんで

きっと、ミュージシャンもごく普通の仕事の一環なんだろうな。

 

まぁたまには、こんな変化球でもいいじゃないか。

ストレート投げすぎても、打たれちゃうからね。

 

さて、今週末こそ「ペニーレイン」

 

2020年5月27日 (水)

杏さんの「教訓 1」が沁みるという話

緊急事態宣言が解除になって、良かったね半分、大丈夫かよ半分。

国際フォーラムのコンコースの「シズラー」も6月1日再開と今日張り紙がしてあった。

ビックカメラも昨日までは、入り口で体温を測っていたけど、今日はノーチェック。

こういう時って、やったー!って気分で、以前のように生活するか

石橋をハンマーで叩いて走り抜けるか、どっちかだな。

 

これで、言われている第二波が杞憂で終わればいいのですがねぇ。

しかし、多く犠牲が悲しいですね。亡くなられた方々のご冥福を祈らずにはいられない。

その最後の様子を聞くと、もうなんだかね、やるせないってこういう時使うんだなと思う。

 

いきなり何もかもが、元通りってわけにはいかないだろうから用心しましょう。

命は一つ 人生は一回 だから命を捨てないようね。

加川良氏の「教訓 1」が沁みるよな。

女優の杏さんが、Youtubeでボロンボロンとギターを弾きながら

歌っているのだが、これが良い。

あおくなって~ と歌う高音のところが、本家とは違って透き通るようで良い。

ジョンバエズか?と思うほど(褒めすぎか…)

弾き語りって、こんな感じでも、歌がうまけりゃ、歌が良けりゃ成立するんだな。

検索は杏『教訓1』cover」

 

教訓 1で思い出すのは、中2の時の同級生「シンジ君」のことかな。

僅か3か月間の同級生。これは、また後日書くよ。

 

さて、まだまだ用心、1に用心2に用心3,4だって用心用心。

吉田拓郎様、くれぐれも教訓を胸に、ご用心召され。

 

あぁ、そうそう、なぎらさんの「教訓 2」ってのもあるけど

あれは、マネしない方がいいと思うよ。

 

今日は短めで失礼。

2020年5月26日 (火)

断捨離

ひらやまコレクションの画像をもう一度見ていたら、思い出したことが一つ。

どのくらい前でしたかねぇ?VOL.2ぐらいのときだったかな?

このブログを見ていただいていた方から、メールを頂戴しました。

内容は、自分の拓郎コレクションを断捨離で捨てようと思うと。

もしよかったら、引き取ってくれないかという内容でした。

そのメールが見当たらない。YAHOOメールですので、基本残してあるんですが

どこ行ったかなぁ?

確か、僕はその時「捨てるべきではない、いつでも捨てられるんだから」

みたいなことを書いて、思いとどまっていただきました。

僕は、もともとグッズとかそういうものにあまり執着がないんで、持ってないんだけどね。

よく、片付け上手は捨てること!みたいなテレビ番組とか本とかあるようです。

確かにそれも一理ある。膨大なゴミ屋敷みたいな家に行って、したり顔で指導してる方もいる。

うん、確かに言ってることはわかるし、正しいのかもしれない。しかし、捨てちゃいけないものがある。

何年も使ってないし、引っ張り出しもしてないんだから不要。だから捨てる。さっぱり!

一応正しいのかもしれない。しかし、残しておかなきゃいけないものがある。

人の記憶なんて、あやふやで脆いものです。

たくさんある記憶の中で、自分の大切なものってあるじゃないですか。

自分を構成してるもの。そいつに繋がってるものってやっぱり捨てちゃいかんと思うのです。

僕のことを書くと、6畳のプレハブ小屋2棟を物置にしてるんだけど、この中にいろいろある。

特に、かなりの数にわたるいろんなことを、それも下手な字で書かれた大学ノートの束。

さなえちゃんは描いてないけど、拓郎の唄の言葉は、嫌っていうほど書きなぐってある。

色々な人に宛てて書いた手紙の下書き。そいつらを捨てちゃうと、今の僕がいなくなってしまう。

僕が死んでから、そいつは捨ててもらうことにしてる。

メールをいただいた方にとって、拓郎グッズってその方を構成してるものだったと思うのです。

僕は自己紹介で、(あぁ、時々比率は変化しますが・・・先日指摘されまして)

「55%の吉田拓郎と30%の岡本おさみ、10%の高倉健、そして5%のピュアなハートで構成されてる人間です。」

たまに、50%の吉田拓郎だったり、20%の岡本おさみ10%の松本隆だったり、ピュアなハートが無かったり。

この構成要素に当てはまるものは、捨てない。思い出の品ではない。今を構成してるものだ。

 

去年のツアーではグッズについて、数々のクレームを書いてみた。

ツアーグッズについては、そうなんだけど、それが人によっては宝物になるし

高いなぁと思っても、人によっては、プライスレス。金じゃねぇよとなる。

去年のツアーグッズが、これからのその人を構成する大事なものになるのだ。

断捨離してよいのは、つまらない見栄と”ぶら下がり健康器”、新築祝いの鷹の置物。

あぁ、それからそろそろ「スタイリー」も捨てていいんじゃないか?

振り子の時計は、高く売れるかもよ。

 

あのメールをくれた方、どうしたかな?

今ならこう思う。どうせなら、他の人からも資料を集めて

常設吉田拓郎記念館を作りませんか?もちろん有料です。

デビューからの歩みを、ファン目線で追いかけて展示する。

愛用のギターはないけれど、’84の武道館の楽屋の拓郎の飲みかけの水が入ってた紙コップならあるとか。

まことに図々しいお願いなのですが、そこの受付に・・・えぇ、館長とかは申しません。

受付兼案内係で、老後の僕を雇ってもらえないか。

 

捨て去ること・思い切ることと断捨離は別だと思うんだけどね。

普段は見なくてもいいんです。心の中にレプリカがあるんだから。

でも、そいつが壊れる時がある。だから、実物を取っておかないとね。

僕の宝物?ここにきてくれてる皆様ですよ。

5%のピュアなハートが、そう申しております。

 

 

2020年5月25日 (月)

ペニーレインでバーボン

本来ならば、今日は下記の書き出しで始まるはずだった。

 

いくら自粛と言っても あまりに引きこもりすぎ

そんな時僕は ラスクを食べている

ペニーレインで ラスクを

ペニーレインで ラスクを

今日もしっかり食べている

僕がバーボンなど飲んだら、間違いなく倒れる。大丈夫、倒れる前に

喉を通らないだろう。世の中から消えていいものは、たばこと酒。いらない。

まぁ、何を言いたいかというと、ペニーレインのラスクはうまいよってこと。

 

この記事のために、早起きをして一番近い「ペニーレイン」つくば店に行くはずだった。

あぁ、有名なパン屋さんね。そこで、あの道路を渡る4人組を背景にして、記念撮影してくるはずだった。

寝坊した。いやぁ、一度起きたんだけど、2度寝しちゃって起きたら、8時だったのでやめた。

ペニーレインと言えば原宿と短絡的に答えたいけど、なんか一人ふらっと入る雰囲気はない。

どうしても、強引にペニーレインに結び付けたかったので、探したんだけどね。

寝坊しちゃぁね。まぁ、機会があったらまた今度行くよ。

 

しかし検索かけると、あっちこっちにあるな「ペニーレイン」が。

イギリスの人が来たら、なんで??と思うんじゃないか。日本人のペニーレイン好き。

これって、あれでしょ、外国のどこかで「竹下通り」って店名のお店がいっぱいあるって事でしょ。

「ガス燈通り」でもいいけどね。なんか、変だよ。そんなにビートルズが好きなのか?

おそらく、「ペニーレインでバーボン」以前には、そんなになかったはずだぜ。

これはビートルズの影響ではなくて、明らかに吉田拓郎効果と言っていいだろう。

「今はまだ人生を語らず」のころは、自分は酒が飲めないって云うのに気づいてなくて

”バーボン”てのは、きっと、すっげぇ旨い飲み物なんだろうと考えてた。

ドクターペッパーの炭酸抜きみたいなやつかな?

それとも甘くないチェリオかな?とか、そういう可愛い時代もあったんだよ。

そのうち、いたずら半分で飲み干したコークハイで、翌日も気持ち悪くて学校を休み

親に家の系統、つまりアルコールは受け付けない体質の家系だと言う事をコンコンと説教されて

(いや、もうその時は説教されなくても、充分体験済みだったけどね)

一生バーボンとは縁のない人間だと言うことが分かった。

だから今も、そして、これからも”バーボン”の味は、謎のままです。

「ペニーレインでバーボン」出来てたら、違った世界が待っていたのかな?

 

あぁ、なぜペニーレインネタに持って行ったか?

それは、もしかしたらひょっとしたら、ペニーレインを

僕が歩いたかもしれなかった、というお話。

早起きしてペニーレインのラスクをゲットしたら、また書きます。

 

だけど、ペニーレインならスコッチじゃね?

それくらいは僕もわかるんだが。

 

 

 

 

 

 

2020年5月24日 (日)

個人的売買

まことに恐縮であります。

いろいろ悩んだのでありますが

例のサイレントギター!手放すことに決定。

いや、普通のギター買うわ。

手放すのやめたとか、やっぱヤフオクだぁとか

言っていましたが、さすがに、ヘッドフォンしながらはウザイ。

かといって、電源入れないと、ギターって感じがしない。

3月13日に購入したので、保証はまだ10か月残ってる。

なぜここにそういうことを書くかというと、せっかくお越しいただいてるんで

買ってやるよという方がいないかなぁと思ってさ。

結構ヤフオクとかジモティーとかめんどいのよ。

ギターフロンティアに連絡してもいいんだけどなぁ。

興味のある方がいらっしゃいましたら、メールでもくださいな。

ちなみに機種は「YAMAHA SLG200S NT」であります。

使ってないモーリスのライトゲージSETと、アマゾンで買ったカポはおまけだぁ。

ちなみに、傷はヘッドに小さな奴が(立ててるときについたらしい)あるけど。

関東近県手渡しOKです。

ん?なんか、今日はノリが軽いな。

価格等はですね、支障があるといけませんので、個々に。

 

今更ながらひらやまコレクション

Dscf0333c2

昨秋に、ひらやまコレクションを見に行った時の画像の一部なのですが

1971年11月28日に高知で行われたコンサートのプログラム。

加藤和彦氏や六文銭とともに吉田拓郎の出演が記されているのです。

持ち時間は30分程度で昼夜2部構成。それはそれで、へ~と思うのですが

4:30~(飛び入り)泉谷しげる となってるんですな。

あぁ、当時から、泉谷さんの出演て予定されてる飛び入りだったんだと妙に納得。

それにしても、エンディングで拓郎も一緒に手拍子とりながら

よさこい節を歌ったのだろうか?

Dscf0336_20200523161501

そしてこちらが、ひえ~となった元気ですのオープンリール。

ダビングしたの?と思ったら正規品。こういうの持ってるひらやまさんて・・・

想像するとすごい。オープンリールってことは、オープンのデッキで再生でしょ。

それなりのオーディオ設備で聞くわけですよ。たぶん当時は我が家では

アニキのテクニクスのシステムコンポがあったころだと思います。

技術家庭の教科書に家にあるプリメインアンプの画像が載ってて、同じだと

思ったのが中3の時だったからね。でアカイだったかな?カセットデッキが

あったと思う。アニキは、これでベンチャーズとかモンキーズとかかけてたけどね。

当時狭小の極みみたいな家にいたので、ステレオのスペースと言ったら・・

まぁ、それは置いといて、わざわざオープンリールを買ってるってことは

どんだけ広いリスニングルームで、吉田拓郎を聞いてたんだろう。

想像したけど、思い浮かばなかった。

 

去年の秋に、なんか書こうと思ってたんだけど、面倒くせい病が再発してね。

画像を整理してたら、面白かったので蔵出しで出しました。

 

ひらやまコレクション・・恐るべし。

 

2020年5月23日 (土)

給付金の話題他

例の10万円の申請書は届いただろうか?うちはまだ来ない。

情報では20日に発送したってなってるけど、まだ届かない。

いや、なにも10万円がすっごく欲しいってんじゃないんだ。

あせってるわけでもないんだ。あまりにも君のスピードすぎるだろ。

僕のテンポじゃない。この際、困ってるなんて思ってくれてもいいよ。

 

いつかのライブの抽選を思い出す。優先販売だ何とか販売だとか

何重にも期待を抱かせて、挙句の果ては「今回は…云々」を思い出す。

チケット届きましたぁ。なんだ、2階席の後ろだったよー。

チケット届きましたぁ。会員じゃないのに、一階席前から2列目だわー。

あれを思い出して仕方ない。結局、チケット争奪戦の末、討ち死。

 

早いところは、給付が始まってる。おかしいだろ、こんなものは、一斉に

配らなければいけない性質のものだろう。同じ国民で、国が決めたことなのに

住んでる場所で遅かったり早かったり。

10万円届きましたぁ、意外と早かったですぅ。

10万円、うちは家族4人なんで40万円ですが、今日振り込まれました。

まだかまだかと思ってるうちに、「今回は・・残念ながらご希望に・・」

いやいや、それはない。それは絶対ないにしても、トラウマになってる。

そして、申請書と一緒に、給付記念グッズのお申し込みとか入っていたら

どうしよう。10万円ピンバッジ、10万円クリアファイル、10万円トートバッグ。

極めつけは、10万円までの道のり・・なんていう写真集的パンフ。

お買い求めはお早めに。お受け取りは、各区役所、市役所などでお受け取りになれます。

10万円以上お買い求めの方には限定特製不織布トートバックプレゼント。

 

いやぁ、悪夢がよみがえる。

 

ところで、拓郎さんなんかも、受け取るんだろうか?

僕は思うのだが。ミュージシャンの方々も活動に制限があって、そりゃ苦しい毎日。

自ずと、収入も減るだろう。しかし、一応売れてた人は何とか生き残れる。

芸人さんたちが、活動の場を失って、生活が苦しいという。

松本人志氏が金を貸すとか何とか、この前話題になってた。

売れないミュージシャン、これからの音楽家に金をっていうのは違うと思う。

みんな、苦しいのは一緒だからね。ただ、この騒動が過ぎ去った後

彼らの活動の場がなくなってるのはやばい。

芸人なら、劇場があってそこは何とか維持してるだろう。

だけど、ライブハウスとか、まぁそういったこれからの人たちが足掛かりにする

場所が、消えざるを得ないってのはやばい。

本当に明日の「吉田拓郎」の足場が消えてしまう。

確かに、今回の騒動でもライブハウスはやり玉に挙がった。だからああいうのは

なくていいというのは違うよね。むしろなくてはいけない。

余裕のある一流ミュージシャンたちが、何とか手を差し伸べてあげられないかなと

思ってしまうのだ。

今すぐは無理にしても、何とか騒ぎが収まったら、一線で活躍中の音楽で飯を食ってる

方々には、考えてもらいたいなぁと。

拓郎さんがその中に含まれるかどうかは、微妙だけどね。

一線で・・・

 

そして、今日もう一つ。

7千万ももらって、賭け麻雀に勝ったお偉いさん。勝ち逃げは男らしくないぜ。

それこそ、「立つ鳥跡を濁さず」だ。まぁ、いくら言っても、男の美学はわかるまい。

僕たちは、男の美学を吉田拓郎に教わった。最近は老人の美学だけどね。

スパッと、心地よい潔さと、そのあとの裏切り。そして、裏切りを認めさせる。

これに尽きる。

あまりに、認められない裏切りが多すぎる。

老後の蓄えは二千万円でいいんだろ。スパッと5千万円音楽界に役立てろ。

そうすれば、あとはどこかに天下り。avexで役員でもやるかい?

 

さてさて、次回からはちゃんと拓郎ネタに戻る予定。

閲覧者も落ち着いたしね。20人の読者のために、頑張るよ。

 

 

 

 

 

2020年5月22日 (金)

インスタライフ

インスタで猫の画像を公開しているのだが、なんだかなと思う。

「イイネ」を押してくれるのは有難いのだが、御返しにってその方の

画像を拝見すると、どうも僕的には「イイネ」ではないんだな。

イイネを入れてくれたら、なんというか、反射的にというかマナーと云うか

そんな感じでイイネ返しをしなくちゃいけないものだろうか?

よくわからん。

まして、フォローしていただける。それはそれで素直にうれしい。

しかし、「フォローバック」しますか?と問われると、どうしようとなる。

こういうのってのは、義理でするものなんだろか?困った。

で、僕は僕なりに自由に振る舞ってみようと思う。

イイネを押されても、相手の方の画像に興味がなければ、押さない。

フォローされても、つまらない画像(僕の興味がわかないという意味)を

中心にアップされてたら、フォローバックしない。なかにいるんですよ、

フォローが1000とか2000と、フォーバックしてるのが同数。いやいや。

そんなに見ないでしょ。煩わしい事は嫌いです。好きな物は見る。

好きじゃないものは、見ない。そういうインスタライフを目指します。

 

インスタと言えば、例の会報誌のおかげでようやく、王ピクさんとこの

TOPページから降りました。ほっとしたね。いや、いつまでもあのカードを

飾られてると、ちょっと気まずい。まぁ、個人的使用と言う事で。

しかし、ふ~ん、会報誌ってあんな風なんだ。所有欲を満たすってわけですな。

僕には強い意志があるんで、ファンクラブなどというものからは、距離を置きます。

もし、もしもですよ、「吉田拓郎フリークスクラブ」とかだったら考えたかもしれない。

まぁ、いずれにせよ、面倒くさい。いいや、いずれにせよパスだな。

ファンクラブに入ってる、入ってないの差で、何が違うのかな?

チケットが入手しやすいですぜ、アニキ。そうか、それはあるな。

いやぁ、しかしな、ファンクラブなどない時代、前回のコンサート入場券の

半券に書かれた住所に、優先販売のハガキが来てたじゃない。

あれで、良かったような気がする。

そりゃ、アナログすぎやしませんか?アニキ。

いや、あれでよかったんだよ。何にも不都合はなかっただろ。

まぁ、当時より全体の動員数は減らさざるを得ないから、無理はあるけどね。

誰かが聞いた ファンクラブて一体なんだよ

すると僕はこう答える 体裁付けて

私は私は私は へそ曲がり 

そう言う事です。

 

あぁ、ファンクラブのことを書くつもりでいたんじゃないんだよ。

ファンクラブ自体は、別に最近はいいんじゃないかと思ってるんだ。

みんな楽しそうだし、嬉しそうだしね。ただ、年に何回かの会報誌で

満足してていいのかってことですよ。やっぱり、ファンクラブと名乗るなら

月刊でしょ。あの拓郎軍団だって昔は月刊だったぞ。

そして、やっぱりファンとの交流と言うならば、Webを開放して

正式なファンサイトを作って、そこにみんなの思いとか意見を

書き込む場所を提供すべきだと思う。そして、そこに本人が常に存在する。

じゃなかったら、ファンクラブとか意味ないじゃん。

あの「タブレット純」さんだって、ついに動画配信し始めたぞ。

みんな思ってんじゃない?グラビアの拓郎でもいいけど動く拓郎がいいって。

いいじゃないか、「月刊 吉田拓郎 動画版」

毎月一曲集中講座とか、コンサートの思い出とか、旧友対談とか

ネタはいくらでもある。そういうのをファンクラブのみに配信なり

メディア送付なりそりゃあ、みんな入るよ。

The Times They Are a-Changin'  だぜ。

 

いやいや、こういう事を今日書きたかったんじゃないんだ。

メールソフトが不調で、受信はできるけれど送信できなくなった。

それについて、延々と書こうと思ったのだが。やめた。

 

週末はペニーレインに行こうと思う。

時間があったら明日もアップするけれど、

余裕がなかったら更新休みだ。

君も行くかい?ペニーレイン。

 

 

2020年5月21日 (木)

ホームランブギ

ついに今年は春夏甲子園大会が中止になった。やりたい気持ちとやらせたい気持ち。

やらせてはならない気持ちと、やってはいけない気持ち。どれを考えても、心が痛い。

いろいろアマチュアスポーツ関係は、今年は中止という、なんとも残念な一年。

他に比べても、いろいろ「金」が動く高校野球だからね、残念がるのは無理ない。

「アマチュア」とはいいつつ、新聞屋とテレビ屋、人が動けば交通手段に食い物屋

泊るところと、そりゃ経済効果が云々なんてのを、したり顔でニュースは伝えてる。

そりゃ、もうけを考えてる商売人の論理でね。

石橋を叩いて、それでも様子を見ながら渡る。今はこれが大正解だと思うよね。

高校野球は野球部の物だけじゃなくて、応援する側、応援団だったり吹奏楽部だったり

そういうところも、日ごろの成果を披露できるステージだったけど、仕方ない。

いや、いろいろ見方意見あれど、どんなに考えても「やるか、やらないか」だったら

絶対「やらない」を選択する方が勇気がいる。みんなの期待に背いての決断だからね。

僕は、「RONIN」の高杉”拓郎”晋作のセリフを思い出す。

「臆病だってことを恥じるな!」 みんな臆病でいいんじゃないか。

そりゃ、開催すればみんな喜ぶし、多少は潤う。でも、その結果・・・

臆病でいいんだよ。全国の高校の大部分は甲子園に行けないわけで、試合をした!

相手はコロナ高校、負けた!って思うしかないと。

もし、開催ってことを決断したとしたら、高校野球ではない。高校ビジネス野球だ。

大人たちの勇気ある「やらない」決断は、来年再来年の笑顔のためだ。

さぁ、みんな「ホームランブギ」を歌おう。臆病だって、いいじゃない。

 

ちなみに、僕は高校2年の時、「応援委員会」というものにさせられて

校歌や応援歌を、喉が枯れるほど歌わされた夏があります。

全国の高校生の中には、きっとほっとした仲間が、いっぱいいると思う。

そういう奴もいるんだよ。みんながみんな、同じじゃないよね。

 

 

 

 

 

«見出し人間とは・・ちょっと反省