フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

2020年8月 7日 (金)

グッズ拡販企画

毎日更新を目指すと、銘打ってはいるものの、結構これが辛い。

出来る時にやればいいじゃんと、人は言うけれど、そうはいかない。

そう思ってる人ほど、「なんだ更新してねぇじゃねぇか」と思われる。

結構プレッシャー。

僕の場合、帰宅後、一通り食事だ入浴だってルーティーンが終わると

パソコンの前に座る。そして、さて何書こうかなとなる。

苦し紛れの拓郎ネタ。やっつけ作業の拓郎ネタ。

読者は気が付く。苦しんでるなと・・・

そんなに拓郎さんが、いつも話題をふりまいてるわけでもないので、難しいんだよ。

あくまで拓郎ネタでなければならない。

ついつい裏ブログなんかにうつつを抜かしていて気が付くと、あっ!やべっとなってしまうのよ。

で思いついたネタが、またグッズ編。

 

吉田拓郎企画、デザイン、プロデュースの新ブランド?

思い切って、一般店舗に卸したらどうだろう?イオンとかに話を持って行ってさ。

だってさぁ、平日昼間イオンに行くと、まぁジジババがいるぜ。

朝から晩までここで過ごしてるんじゃないかと思うくらいいる。

最近目に付くのは・・あぁいや僕は仕事上「時間調整」でやむなく寄ってるのですよ。

だれだよ、さぼってるなんて言ってるのは?

最近目に付くのは、その年代がコンサート会場でお見受けする方々っぽくなってきてるのです。

拓郎ファン世代が、イオンで平日昼間に買い物してるORぶらぶらしてる。

これを逃す手はないだろう。とりあえず、紳士用品売り場でコーナーを作る。

<T selection>新たな船出の時・・・なんちゃってね。

ほー、これって、あの吉田拓郎がデザインしたの?奥さんがやったんじゃないの?

へー、昔よく聞いたんだよ。ふーん、最近はこういうのもやってんのかぁ。

あんた、ちょっと着てみたら? そうだなぁ・・おー、なかなかいいじゃないか。

なんて老夫婦の会話が弾み、今日も<T selection>一枚お買い上げぇ。

調子にのって、スニーカーとかカジュアルシューズとかにも進出。

<T selection>のロゴ入りウォーキングシューズをご夫婦ペアで。

朝のご近所のウォーキングに最適。クッション性の高い靴底のおかげで

三叉路で石ころの道を選択してもOK。ばね効果で楽々ウォーキング!

どうだい、ハイクアウト!見てるか?やってみろよ!

それくらいの腹をくくらなきゃ、何やっても駄目だってことはわかるだろ。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

2020年8月 6日 (木)

今年もいつも見ていたヒロシマ

この季節、この日になると、やはり毎年この歌を思い出す。

いつも見ていたヒロシマ

それは、僕だけではないだろう。そして今年も。

語り継がれなければいけない話がある。忘れ去られようとしてる話がある。

それは同じ話のはずなのだけれど。

あれから70年以上たっても、いまだに解決したとは言えない。

新聞の連載記事。読んでるだけで、なぜか悔しくなってくる。

あの日、あの瞬間の直前に生まれて、被爆し亡くなった赤子がいた。

母親ともども建物の中で亡くなったのだ。父親はその無念さが忘れられず、戦後を生き

人生を終えた。そして、亡くなった赤子の異母姉妹の方が、父の思いを引き継ぎ

今年、ようやく原爆死没者名簿にその赤子の名前を記載してもらったという。

名前はない。旧姓のみで年齢は当才と記された。

生まれてすぐに、被爆した。何のためにお母さんのおなかの中にいたんだろう?

これから、いろんなことを経験し、次の世代のために生きる使命を果たすんじゃなかったのか?

自分の記憶を辿って考えてみる。いろいろあったけれど、生まれなきゃよかったとは思えない。

その子だって、何かのために生まれてきたはずだ。あまりにも、あまりにも理不尽過ぎる。

僕は、ただそうやって憤ることしかできない。出来ることは、忘れないってことだと思う。

小さな命が、この地球の片隅で大きく息を吸い込んで、ただそれだけで、死んでいったことをね。

 

だいぶ前になるけれどNHKで放送された「帽子」という緒形拳さん主演のドラマがあった。

体内被曝を扱ったドラマだ。原爆ドームに象徴される、あの一瞬の悲劇は、一瞬で終わらずに

いまだに苦しむ方々が、いらっしゃるという事実が、突き刺さる。

他人の痛みはわからない。永久にわからない。

だけど大事なのはわからないけれど、知ろうとすることだと思う。

解らないけれど、知りたいと思う気持ちを持ち続けること。

その人の痛みは、それだけで少しは和らぐかもしれないからね。

だから、僕はヒロシマとナガサキに祈り続けます。

 

さだまさしの唄には、なんかそういうのはないのかな?

ではまた明日。

 

 

 

2020年8月 5日 (水)

夏休みが・・・

いやー、まいったなぁ。

週末から夏休みかと思っていたら、とんでもないことになりましてね。

とある相場が高止まりで、まわりまわって、それにちょっと関連してる仕事の

僕の方にもしわ寄せが来まして。急に忙しくなり始めましてね、夏休みが・・・

飛び石になりました。中途半端な事。中途半端はやめてってのは奥村チヨさんでしたね。

何処も行く気にならないし、何もできないじゃないかよぉ。んもう、やりにくいなぁ。

という心境です。はい。

 

ところで、来年やるというラストライブ。もうメンバーとか会場は押さえてあるとかって言ってたよね。

そういうのって、どういう頼み方するんだろう?

会場は、事務手続きでやるんだろうなぁ。手付金とか払うんだろうか?

前日キャンセルは、全額払い戻し無しとかさ。とりあえず押さえましたって感じかな。

まぁそれはいいさ。メンバーってどう頼むんだろう。

「鳥山ちゃん、来年なんだけどさぁ、どう?また一緒にやらない??やろうよぉ」

などという頼み方なんだろうか?それとも

「鳥山殿 貴殿と2021年某月某日より*箇所の会場でのコンサートにおける演奏を依頼します。

またそれに付随し、某月某日よりリハーサル等における時間的拘束をさせていただきたく存じます」

みたいな文書とかあるんだろうか?

契約書はあるんだろうなぁ。ミスタッチは3回まで。それ以上は1回につき

*万円ギャランティから差し引かせていただきます。なんて項目があったりさ。

どうせ最後なんだから、公募しちゃえば面白いのにな。

まぁ、アマチュアはご遠慮ください、だろうけどね。

募集 吉田拓郎と一緒にライブに参加したいミュージシャンを募ります。

資格 業界経験20年以上 吉田拓郎に敵意を持っていない方

   吉田拓郎を好きすぎない方、打ち上げに参加可能な方。

なんていう募集が、タウンワークに載ったら面白い。

 

それほど、現メンバーと変更はないんだろうな。

いつもは、完成されてるメンバーとのライブは、ハプニングが期待できないので

面白くないと思っているのだが、今回は失敗は許されないので、あのメンバーでもいいんじゃない?

 

では続きは、また明日。

 

2020年8月 4日 (火)

暑中見舞い。

梅雨も明けたんで、言ってもいいかなと思います。

暑中お見舞い申し上げます。

今週末から長い休暇です。

庭の木を何本かばっさりやろうと思っていたのですが、

住み着いている野良猫たちの、日陰が少なくなっちゃうのでやめました。

代わりに、築45年の我が家の和室の壁を、大改造。何のことはない、砂壁を

自分で塗り替えようと、計画中。その時に…

 

我が家の目の前は、いちご農家。こいつがねぇ、日曜日の朝の7時から、いやもっと早い時間から

農作業をするんですわ。それは勝手にすればいい。しかし、作業場何処にいても聞けるように

ラジオを大音量でかけている。作業場どころか我が家のシャッターを閉めきった二階まで聞こえる。

サマータイムブルースじゃないよ。ニッポン放送が聴こえてくるのだ。

日曜日の朝っぱらから、イルカの声なんて聞きたくない。

だから、僕は考えた。壁の作業中に昔流行ったでっかいラジカセを出してきて

それで、吉田拓郎三昧再びを決行しようと思う。

開け放した窓から、作業場にニッポン放送が聴こえないくらいの大音量で

吉田拓郎を流す。どうだい、ワイルドだろう?

まぁ、想像するとばかばかしくなったので、やらないだろうけどね。

 

夏休みまで、もうちょっと。

時節柄、どちらさもご自愛のほど。

では、また明日。

2020年8月 3日 (月)

何の話だったっけ??

子供たちの夏休みに合わせたかの如く、梅雨が明けました。

久しく待ちわびた、夏の太陽。猫たちも日陰で、お日様をやり過ごしてました。

ちょっと片付け物でもと、庭に出たらめまいがするくらいの暑さだったので

おとなしく家の中で、PS4の新作ゲームなど・・・・・・

 

僕は気に入らなくても、「まぁ素敵だわ!!この時計」なんていう人もいるだろうし

「このTシャツ、すっげぇ気に入ったぁ」って人もいるんだろう。

やめた方がいいとは思うけど、引き留めはしません。価値観はその人それぞれだもん。

 

拓郎が儲かってそれを原資に新しいことに挑戦とかという話なら協力はするけれど

なんだか、中間の得体のしれない会社が儲けをかすめ取るような気がする。

あやしいでしょ、会社名とか。だいたい、Tシャツとか自分で作れそうだよな。

2009年のツアーグッズみたいな、秀逸なのはもう無理だなぁ。

フキの唄ボールペン。あれは良かった。とにかく普段使えて、見せびらかせた。

ビョイーンとレシピを引き延ばし、笑いも取れた。

あんなのが欲しいんだよ。

面倒だからもうこの際、グッズセットみたいにして、売っちゃえば?

キャップ・バッグ・Tシャツセットで1万円ぽっきり。どうだい。

まぁ、どんなに譲ってもその程度の価値だよ。

僕は去年のあの不織布トートバッグでグッズ販売は、もう終わったなと思うよ。

蒸し返して御免。とにかく冊子にしろなんにしろ、価格設定がめちゃくちゃだよ。

そして、あの時計・・・・ないわ・・

 

はい、この話は基本的にもう、しません。

しかしな、ファンの希望は、グッズじゃないんだよな。儲けようとするならば

大ヒット曲をたたき出して、印税で儲けてくれよって思う。

明らかに拓郎スタイルは変化したと思う。ファンのために頑張ってくれてはいるんだけど

それは解るんだけど、ファンを馬鹿にした部分がどうしてもちらほらとね。

それは、なんか表に出てこない部分で、誰かが差し金を・・・・

おーー、なんかドラマになるなぁ。

「こんなんで本当にいいのかい?ファンは満足するかなぁ」

「いいんですよ、拓郎さん。ショーバイ商売。稼ぎましょ!」

「それはいんだけどさぁ、俺の口座にあんまり入金されてないよ」

「えー?そうですか?おかしいなぁ、あとで確認しときますわ」

そして最後は、拓郎が爆発して

「俺は俺の唄を支え続けてくれたファンが一番なんだよーー」って叫んで

そいつの胸ぐらをつかむ。睨みつける。そしてそいつを、目の前のソファに

押し倒し座らせ、拓郎コールのステージに、向かっていく・・

なぁんてドラマのエンディングが浮かんでくるよなぁ。

 

あれ?何の話だったっけ?

 

 

 

 

2020年8月 2日 (日)

時計は本物をつけようよ。

いやぁ、梅雨は明けたけど僕らの心には暗雲立ち込め始めてる。

大丈夫か?うん、大丈夫だ!大丈夫と大きな聞こえで答えよう。

そうすれば、大丈夫なはず。昔、モコさんも言ってたぞ。

なんとかなるさ。

 

しかしですねぇ。確かに、何日か前に時計がグッズに追加されたら買うぞなんて言ったけど

あれじゃないんだ。ああいう安っぽい奴じゃダメなんだ。

アマゾンで調べてごらん。¥12,800くらいで出てるよ。

刻印と文字盤の追加の文字で、割高になってるだけ。決してオリジナルではないよ。

これって、本当に拓郎さんがチョイスしてんのか?だとしたら、吉田拓郎のセンスを大いに疑う。

ポッとでの新人のグッズじゃないんだよ。みんな人生の荒波を多かれ少なかれ乗り越えてきた世代だ。

それなりの重厚さが必要なんじゃないか?

風防はサファイヤガラス。ムーブメントは、メンテナンスフリーのソーラー電波。

ブレスレットは、革でもいいけど、出来れば上質な合成が良い。革は扱いがね。

出来るなら、メタル。やはりチタンだろう。そして、ユニセックスではなくて

メンズ・レディースきちんと分かれてなきゃ。ガキの時計じゃないんだから。

ペアにしてもよいと思う。カシオ オシアナスTAKUROモデル。これなんだよ。

多分、この時計安っぽいよ。風防もアクリルかミネラルだと思う。

ドームガラスって言ってもただ形状だけだ。

長く愛用させるならば、機械式かソーラーだよな。あぁ、やっぱり企画力が貧弱だ。

バッグもねぇ。あれって、ファンクラブに入ってる人ならみんなもらえるって感じの物っぽい。

どうせなら、これを去年の2万円コンサートのお土産にしてもよかったんじゃないかと思うよ。

フェイクじゃなくて、本革を使えよなって思っちゃうよ、そこは。

 

スタッフを養うために、いろいろやんなきゃいけないなら、スタッフいらないじゃん。

まぁ、過激すぎる言い方だけどさ。

僕が考えるならば・・・

吉田拓郎自ら監修した、吉田拓郎全曲集。オリジナルキーコード譜掲載。

拓郎デザインオリジナルiPhoneケース。(購入者特典オリジナルLINEスタンプ)

まぁ、あとはまた考えよう。

 

そんなこんなで、推測するにさ。

どうもオフィシャルグッズと称して運営してるのは、専門の会社なんだな。

別に拓郎さんに縁もゆかりもないところが、企画制作か。

ああいってても、かかわってないんじゃないか?丸投げで。

主要取引先 (有)ハイクアウトとある。大阪にあるらしい。

道理で、京都の時計屋を使うわけだ。京都ならKUOEの方がちょっと知られてるはずだが。

そういうのなら、Knotなんかの方が、センスは良い。

ただね、値段なりなんだよな。経験から言わせていただくと、一万円台のMADE INJAPANは

それなりだよ。大人がおしゃれでとか、ビジネスにとか無理だと思う。

その値段で作るメーカーは、本物を作れないよ。

まぁ、さすがに激安チャイナウォッチよりはいいかもしれないけど。

購買層の中心の年齢を考えれば、帽子もTシャツもバッグもないな。

なんでも拓郎のロゴ入れて、だしゃいいってもんじゃない。

同じ値段で、普通にもっといいものはある。そうじゃなくて本気でハイクアウトが考えろ。

もし、吉田拓郎がマジでかかわって、これをチョイスしたのなら

それはラストライブとは別の問題として言わせていただく。世の中よく見ろよ。

吉田拓郎は、僕らのステータスだ。

グッズは、そのステータスに似合うものでなければね。

グランドセイコーとは言わない。せめて、プレサージュTAKUROモデルとか・・

わからんだろうなぁ、ハイクアウトにゃ。

ファンの目は肥えている。拓郎さんよ、ファンの目は肥えているのですよ。

お忘れなく。

 

2020年8月 1日 (土)

弾き語りの件

アリスのキンちゃんがコロナ感染だそうだ。

驚いたのは、「アリス」のって云う報道で、まだアリスをやってたのかという驚き。

風の谷のナウシカの再放送回数を、優に何倍も上回る再結成を誇るアリス。

今は一緒に活動してんのか?たまに見かけるべーやんは、言葉を失う容姿だし

谷村氏は・・まぁ、普通にジジイだ。それはさておき、なんとも早い回復をお祈りします。

拓郎ファンにとって、敵視していいと思うアリスだけど、やはり個々の活動より

3人そろってアリスになると、合体ロボではないけれど、それなりに聞かせるんでしょ?

目立たないキンちゃんだけど、役割は大きいのかもね。

 

さて、あいかわらず「あいみょん」を聞いている。

まだまだ、発展途上なのは否めないけれど、勢いは今一番だ。

なんかこう、中島みゆきとか、ユーミンとか、一時代を築きずっとファンが付いていきそうな予感がある。

何がいいかっていうと、ライブでの弾き語り。弾き語りとはいっても、アコギでコードストローク。

それだけ。フィンガーピッキングもするんだろうけれど、まだ見てない。

その粗削りから一歩踏み出したときに、女吉田拓郎が誕生するかもしれない。

アコギの音色に声があっている。だから、弾き語りが良い。

かつて、吉田拓郎本人自ら「弾き語りをやらせてたら、日本一」と豪語していた時代がある。

映像で見ることができる中からだと、ビッグエッグでの「ロンリーストリートキャフェ」と

篠島の「祭りのあと」などから、納得できる発言だし、あれが嘘だったとは言わせない。

拓郎の弾き語りは、アコギの音と同化する。ギターが勝つわけでもなく、歌が勝つわけでもなく。

一体化したアコギの音色と拓郎の声。

僕は思うのだが、本当は弾き語りやらせたら自分が日本一だという自負は、今も持っているんじゃないか?

ただ、拓郎自身が一番自分を承知していて、「出来ない」とプライドが言わせないので

弾き語りは本来嫌いという発言につながるのかもしれない。

拓郎の弾き語りは、コードストロークだけじゃなくて、花嫁になる君に とかガラスの言葉に

代表される指弾きでも同じレベル・パフォーマンスを発揮する。

そこが、他を寄せ付けなかった日本一の証だ。全盛期の時の弾き語りを知っている身としては

斉藤和義や奥田民生や、ましてN(こいつのファンは煩そうだからイニシャルで)の弾き語りなど

子供の遊び。テクニックじゃないんだよ。ギターとの一体化なんだよ。

 

 

あいみょんが静かな曲で弾き語りが聞けるようになったら、すごい存在になる。

僕はその時は、二代目吉田拓郎を襲名して欲しいと思ってる。

 

2020年7月31日 (金)

フキの唄

ご存知の方はいらっしゃるのだろうけれど、最近聞いた中で面白かったのは

所ジョージの「祭りの前」って曲だね。もちろん「祭りのあと」をパロってる。

LIVE絶滅の危機ってアルバム自体が、拓郎さんをパロってるんだけど。

坂崎氏が一枚かんでいるんで、まぁそれなりに面白い。

久々に面白かった。うん。

これは、20年くらい前のアルバムかな?

なんか変に物まねされるよりも、茶化された方が楽しいなぁ。

 

さてさて、7月のラジオが終わってからの社会状況を横目で見てると

見えない力が、拓郎さんをあざ笑ってるように思える。

偉大なるお笑い芸人の死も、庶民的女優の死も、伝統的芸能の若き旗手の死も

みんな無駄にしてしまおうとする力が働いてる気がする。

日本人は本当に、のんきを通り越してわが身に何かが降りかからないとわからないんだろうか。

4連休が終わって、唖然とする。そんなに我慢できないのかな?

そんなに暮らしに余裕があるのか?

 

子供のころ、親に言われたことを思い出す。

風邪をひいて寝込んだ後、熱が下がって食欲も出てくる。

起き上がって、テレビを見ようかとしてると、母親に「いいところが大事、まだ寝てな」と

諭されて、布団にもぐりこむ。じっとしてるのは辛いが、早くよくなるにはこれが大事。

風邪の奴の勢力を完全に抑え込むには、気を抜いたら負けだ。

また、そろそろ入浴してもいいころ合いと、支度をし始めると父親に言われた。

「風呂に入って死んだ奴はいっぱいいるけど、垢に食い殺されたやつはいない」

なるほど。何事も詰めが大事。現在の医者の言葉より、ずっと説得力がある。

ちょっと感染者が減ったくらいで、浮かれて遊び始めちゃいけなかったんだよ。

 

使えないマスクを配るくらいなら、「フキの唄」をシングルCDにして全世帯に配れよ。

いま日本に必要なものは、「フキの唄」だ。足りなくて満たされない日を乗り越えて

幸せが手に入るのだ。

ちょっと、他の件でほかの曲を聞こうとして「午前中に・・・」を聞いたのだが

いやいや、「フキの唄」が、今になって沁みてくる。まさにそうなんだよ。

日本はいまだに、貧しくひ弱なんだよ。そいつを自覚しなくちゃ。

政府は、今年後半「フキの唄キャンペーン」をやるべきだ。国民に自重を促せ。

来年はオリンピックと国民的英雄がけじめをつける予定なのでとね。

 

え?お前はただ来年の・・・それを言ってはいけない。

 

 

 

2020年7月30日 (木)

ちょっと一息 思い出話

書きっぱなし&途中までなので、後日訂正校正しますが

とりあえず、公開します。すまんのぉ。

 

昨日、FMCOCOLOのことを書いたので、ちょっと思い出した。

中学生の頃、僕は陽水が好きだった。解るかな?わかんねぇだろうなぁ。

陽水を聞き始めたのは、4つ違いのねーちゃんが、陽水のライブに会社の人と行き

ファンになったらしく、二色の独楽を学校の帰りに買って来いと、命令されたのが始まりだった。

駅前のレコード屋さんで買ってきましたよ。そのころは狭い家でしたからね

自分の部屋などなく、レコードをかければ全員が聞ける状態です。

まだ、僕は陽水拓郎とか知ってはいるけれど、それほどはまってない状態?

その中の「ロンドン急行」がきにいってしまいましてね。

のちに、アンデルセンとか言いましたっけ?男3人組のアイドルがカバーしたり

かまやつさんが歌ったりしてましたよね。やっぱりロンドン急行なんですな。

恥ずかしながら、レコード屋さんで「井上陽水の二色のどくがくってありますか?」と

聞いたのは、僕だけではないことを願う。

で、今度は気が向いて自分のお小遣いで例の「もどり道」を買いました。

そして、氷の世界となんか順序がばらばらなんだけど、聞きましたね。

氷の世界はタケミに借りたんだっけ。

中3の時の同じクラス、柔道部のキャプテンのミヤジがいたんですよ。

本名は違うんだけど、呼び名がミヤジ。こいつが、ごつい奴なんだけど陽水好き。

ちなみに、僕の中学校は基本的に校則で男子は丸刈りだったんだけど、改定でその年から

長髪OKになり、ミヤジは、早速「モヒカン」にしたというちょっと変わったやつ。

もちろん僕は好きだった。モヒカンの柔道部のキャプテンで陽水ファン。素敵な奴でした。

彼が、もどり道のMCの部分を完コピしてたんですよ。人生が二度あればの前の話で

お父さんが亡くなった時の件を、涙をこらえながら話す陽水を、似てないのに完コピ。

それを見ながら、ホーーと感心してた僕らっていったい・・・そういう時代だよね。

そんな彼とタケミのおかげで、僕の中学時代は陽水派でした。

ライブ盤のもどり道を買ったのは、多分姉貴が陽水のコンサートの話をしたからだと思う。

その話から、聞きたくなったんじゃないかなぁ?

僕が聞いた「もどり道」にしろ「ともだち」にしろ、ライブアルバムってこういうもんだと

最初から思ってましたからね。歌としゃべりがあるんだって。

 

あれから、少ないお小遣いから、レコードを買い始めたっけね。

あれからずいぶん経ったなぁ。僕の原点は、「もどり道」か。

ミヤジが、隣のクラスになったキクカワからぶんどったギターを

かき鳴らしながら真似した東に西へを、また聞きたいなぁ。

いや、陽水の東へ西へじゃなくて、モヒカンミヤジの東へ西へをさ。

あの頃に戻ってさぁ。楽しいだろうなぁ。

あのまま陽水ファンでいたなら、全然違う人生だったんだろうと、ふと思う。

拓郎さん、あんたのファンになったばっかりに、こんな感じです。

しっかり落とし前はつけてもらいますぜ。

 

 

 

2020年7月29日 (水)

FM COCOLO

こういうところに書き込むのは、本意ではないけれど

あまりにあほくさいので、はけ口を求めた。

例のマスク、まだ続編があったんだって??良い言葉ではないけれど

あほ馬鹿を越えた言葉を教えていただきたい。あのマスクが実用になるかどうか

もう莫大な金額を浪費して実証済みだろう。第二弾だとさ。

世界中の笑いものになって、まだ、気付かないのか??

国民の声が聴こえない耳と、世の中が見えない眼と、真実を語れない口。

医療に携わる人の言う事が信用できない拗ねた心。

今、本当に敵を断ち切ってくれないと、困るんだよ。

困るで終わればいいけれど、それだけでは済まいんだよ。

なんとか長官にしろ、この国のTOPにしろ、顔つきが悪い。

悪人顔になってきた。顔は心を写す。何が大切で何を犠牲にするか、それをわかろうとしない。

無関心な僕も、腹を立てたらり怒ったり。もし、来年ダメだったら、政府の責任だぜ。

 

さて、話は打って変わってじゃんけんぽん。

RolingStoneでFM COCOLOの田家氏の番組記事が掲載されてる。

吉田拓郎と井上陽水、1970年代のライブアルバムを振り返るってタイトルだ。

「動の拓郎、静の陽水」と言われていたっていうけど、僕は知らんよ。

「もどり道」は静じゃないよね。B面なんてビートルズじゃん。

ビートルズに憧れてるじゃんかな。それを言うならば、「静」は拓郎の方だよね。

もう見なくても歌える・・・・

「陽の拓郎、陰の陽水」とも言われてたっていうけど、それも知らんよ。

僕に言わせれば、両社とも陰陽、動と静合わせ持つスーパースターだった。

この記事、誤字が多い。「春だったね」を「春だってね」と書いちゃってるし。

まぁ、「あぁあれははるぅだってねぇ」って歌えばそりゃ面白いけどさ。

そして、「拓郎さんは去年73歳で『LIVE’73』を行いました」って書いてるんだよね。

Live 73 yearsだ。それぞれの曲目やコンサートのタイトルは、アーティストのこだわりだ。

そこを間違えるってのは、無礼だよ。田家がお粗末なのか、原稿を起こしたやつが適当

なのか。

中身は、なんてことの無い話で、こんなこと今更放送で話して、何を考えてんだかなと。

まぁ、興味のある方は、Yahoo!ニュースで検索すれば出てくるよ。

 

ではまた明日。

 

 

«ねこ